本文へスキップ

京都大学 大学院工学研究科 社会基盤工学専攻

地盤力学講座 地盤力学分野 木村研究室

木戸 隆之祐Ryunosuke KIDO

Dr. Kido

助教 (Assistant Professor):木戸 隆之祐 (Ryunosuke KIDO)

主な研究テーマ
不飽和土のミクロとマクロの関係,水分保持特性
担当授業
(学部)土質実験及び演習
(全学)情報基礎演習
TEL / FAX
075-383-3193 / 075-383-3193
E-mail
kido.ryunosuke.2m_at_kyoto-u.ac.jp
("_at_"を"@"にして下さい)

学歴

2010年3月
北海道旭川東高等学校 卒業
2014年3月
京都大学 工学部 地球工学科 卒業
2016年3月
京都大学大学院 工学研究科 社会基盤工学専攻 修士課程 修了
2019年3月
京都大学大学院 工学研究科 社会基盤工学専攻 博士後期課程 修了

職歴

2017年4月~2019年3月
日本学術振興会 特別研究員DC-2(工学)
研究課題:不飽和土のミクロ構造変化の解明とマクロな強度評価方法の確立
2019年4月~現在
京都大学大学院 工学研究科 助教

受賞歴

発表者賞
2015年 9月
地盤工学会 第50回地盤工学研究発表会 優秀論文発表者賞
2015年 11月
28th KKHTCNN Symposium on Civil Engineering BEST PRESENTER AWARD
2017年 5月
日本材料学会 第66期学術講演会 優秀論文発表者賞
2017年 8月
地盤工学会 第52回地盤工学研究発表会 優秀論文発表者賞
2019年 5月
土木学会 2019年度土木学会関西支部年次学術講演会 優秀論文発表者賞
2019年 8月
地盤工学会 第54回地盤工学研究発表会 優秀論文発表者賞      
論文賞
2018年 6月
土木学会 平成29年度土木学会論文奨励賞      

所属学会

土木学会(正会員),地盤工学会(国際会員),日本材料学会(正会員)


研究業績 (2019.8.30 更新)

論文(学術雑誌)
  • Kido, R. and Higo, Y.: Distribution changes of grain contacts and menisci in shear band during triaxial compression test for unsaturated sand, Japanese Geotechnical Society Special Publication, Vol.7, No.2, pp.627-635, 2019. https://doi.org/10.3208/jgssp.v07.096
  • Higo, Y., Kido, R., Takamura, F. and Fukushima, Y.: Pore-scale investigations of partially water-saturated granular soil, Mechanics Research Communications, Vol.94, pp.1-7, 2018. https://doi.org/10.1016/j.mechrescom.2018.08.016
  • 木戸隆之祐,肥後陽介,高村福志:三軸圧縮下の不飽和砂の進行的なせん断帯発達過程における間隙水の微視的特性,土木学会論文集C(地圏工学),Vol.73, No.2, pp.233-247, 2017. https://doi.org/10.2208/jscejge.73.233
    [土木学会論文奨励賞受賞]
  • Kido, R. and Higo, Y.: Evaluation of distribution of void ratio and degree of saturation in partially saturated triaxial sand specimen using micro x-ray tomography, Japanese Geotechnical Society Special Publication, Vol.5, No.2, pp.22-27, 2017. https://doi.org/10.3208/jgssp.v05.006.
  • Higo, Y., Morishita, R., Kido, R., Ghonwa, K. and Simon, S.: Local water-retention behavior of sand during drying and wetting process observed by micro x-ray tomography with trinarisation, Japanese Geotechnical Society Special Publication, Vol.2, No.16, pp.635-638, 2015. https://doi.org/10.3208/jgssp.OTH-13

国際会議 Proceedings(査読有)
  • Kido, R., Higo, Y., Takamura, F.: Investigation of volume distribution for pore water and pore air in partially saturated sand subjected to drying and wetting through morphological image processing, The 16th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, Taipei, Taiwan, 2019-10. (accepted)
  • Kido, R. and Higo, Y.: Three-dimensional measurement of displacement field in sand specimens under triaxial compression, Proc. of the 7th China-Japan Geotechnical Symposium, pp.122-127, Sanya, China, 2018-3.
  • Kido, R., Higo, Y. and Salager, S.: Microscopic investigation of progressive changes of pore water distribution in shear band of unsaturated sand under triaxial compression, Proc. of the 19th International Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, pp.1171-1174, Seoul, Republic of Korea, 2017-9.

国際会議 Proceedings(査読なし)
  • Kido, R. and Higo, Y.: X-ray image processing to investigate variation in water retention state of partially saturated sand during triaxial compression tests, Proc. of International Conference on Tomography of Materials and Structures2019, Cairns, Australia, 2019-7.
  • Kido, R. and Higo, Y.: Relationship between pore volume and degree of saturation in partially saturated sand using Voronoi tessellation, Proc. of the 31th KKHTCNN Symposium on Civil Engineering, KU-16, Kyoto, Japan, 2018-11.
  • Fukushima, Y., Kido, R. and Higo, Y.: Investigation of microscopic behavior in partially saturated sand during triaxial compression test under different drainage conditions, Proc. of the 31th KKHTCNN Symposium on Civil Engineering, KU-28, Kyoto, Japan, 2018-11.
  • Kimura, K., Sawamura, Y., Kido, R. and Kimura, M.: Visualization of Pull-out Behavior of Reinforcement Material under Various Triaxial Stress Conditions by X-ray CT and Image Correlation, Proc. of the 31th KKHTCNN Symposium on Civil Engineering, KU-15, Kyoto, Japan, 2018-11.
  • Higo, Y., Kido, R. and Fukushima, Y.: Microscopic investigation on morphological evolution of pore water in partially saturated sands during triaxial compression, IS-Atlanta2018, Atlanta, USA, 2018-9.
  • Sawamura, Y., Kimura, K., Kido, R. and Kimura, M.: MicroX-ray visualization of pullout behavior of reinforcement material under triaxial confining stress conditions, IS-Atlanta2018, Atlanta, USA, 2018-9.
  • Kido, R. and Higo, Y.: Investigation of shear deformation behavior for fully and partially saturated sand by using digital image correlation, Proc. of the 30th KKHTCNN Symposium on Civil Engineering, Geotech III, Taipei, Taiwan, 2017-11.
  • Kido, R., Higo, Y. and Takamura, F.: Image processing to quantify microscopic curvature of pore water in partially saturated soil, Proc. of the 3rd International Conference on Tomography of Materials and Structures, No.43, Lund, Sweden, 2017-6.
  • Higo, Y., Hamada, Y., Iwanaga, S., Hisaizumi, Y. and Kido, R.: Imaging fine soil particles transportation through soil skeleton caused by seepage flow, Proc. of the 3rd International Conference on Tomography of Materials and Structures, No.198, Lund, Sweden, 2017-6.
  • Kido, R. and Higo, Y.: Investigation of Water-Retention and Deformability for Partially Saturated Sand by Microfocus X-ray CT, 2nd JSCE CICHE Joint Workshop, No.10, Tokyo, Japan, 2017-5.
  • Kido, R. and Higo, Y.: Microscopic observation of pore water distribution in strain localized region of partially saturated sand under triaxial compression, Proc. of the 29th KKHTCNN Symposium on Civil Engineering, Track 4, Hong Kong, China, 2016-12.
  • Lai, V Q., Boonyatee, T., Kido, R., Sawamura, Y. and Kimura, M.: A revisit to the interaction factor of group piles considering reinforce effect, Proc. of the 29th KKHTCNN Symposium on Civil Engineering, Track 3, Hong Kong, China, 2016-12.
  • Kido, R. and Higo, Y.: Relation between local porosity and degree of saturation of sand during drying and wetting process observed by micro x-ray tomography with trinarisation technique, Proc. of the 28th KKHTCNN Symposium on Civil Engineering, KU-GTE-02, Bangkok, Thailand, 2015-11. [BEST PRESENTER AWARD]
  • Higo, Y., G, Khaddour., Salager, S., Morishita, R. and Kido, R: Frequency mapping of local degree of saturation in partially saturated sand subjected to drying and wetting process, Proc. of the 2nd International Conference on Tomography of Materials and Structures, pp.627-631, Quebec, Canada, 2015-6.

国内口頭発表(査読なし)
  • 木戸隆之祐,肥後陽介:微視的特性と巨視的応答の関係に基づく不飽和砂の三軸圧縮試験条件の分類,第74回土木学会年次学術講演会,III-543, 高松市,2019-9.
  • 木戸隆之祐,肥後陽介,福島 陽:三軸圧縮下における不飽和砂の軸差応力へ及ぼす微視的特性の影響の解釈,第54回地盤工学研究発表会,No.765, pp.1529-1530, 大宮市,2019-7. 【優秀論文発表者賞受賞】
  • 澤村康生,木村鴻志,木戸隆之祐,木村 亮:突起傾斜角に着目した補強材引抜き実験と地盤内変形の可視化,第54回地盤工学研究発表会,No.743, pp.1485-1486, 大宮市,2019-7.
  • 末澤理希,木戸隆之祐,澤村康生,木村 亮:薄層に支持された杭の鉛直載荷時における地盤内の変位場とひずみ場の定量化,第54回地盤工学研究発表会,No.655, pp.1309-1310, 大宮市,2019-7.
  • 濱田祐輔,木戸隆之祐,肥後陽介:内部浸食による水みちの発達過程と力学的特性変化のメカニズムに関する研究,第54回地盤工学研究発表会,No.766, pp.1531-1532, 大宮市,2019-7.
  • 木戸隆之祐,肥後陽介:三軸圧縮条件における低飽和砂のミクロ構造変化とマクロな応答との関係,日本材料学会第68期学術講演会,No.504, 室蘭市,2019-5.
  • 木戸隆之祐,宮﨑祐輔,宮﨑利啓,木村優介,木村 亮:SD法を用いた京都市東山地区三条通りにおける擁壁の景観評価,2019年度土木学会関西支部年次学術講演会,No.Ⅳ-31, 吹田市,2019-5. 【優秀論文発表者賞受賞】
  • 末澤理希,木戸隆之祐,澤村康生,木村 亮:支持層厚が異なる杭の先端地盤における密度分布とせん断ひずみの定量化,2019年度土木学会関西支部年次学術講演会,No.Ⅲ-25, 吹田市,2019-5.
  • 井関恭輔,中島伸一郎,木戸隆之佑,吉津洋一,岸田 潔:X線CT画像による岩盤不連続面内のグラウト充填状況の分析,平成30年度京都大学防災研究所研究発表講演会,No.D-16, 宇治市,2019-2.
  • 木戸隆之祐,高村福志,肥後陽介:吸排水履歴を受ける不飽和砂内部のメニスカス水の分布における密度依存性,第73回土木学会年次学術講演会,III-098, pp.195-196, 札幌市,2018-9.
  • 木村鴻志,澤村康生,木戸隆之祐,木村 亮:μX線CTを用いた形状が異なる補強材の引抜き実験と地盤内せん断ひずみの可視化,第73回土木学会年次学術講演会,III-430, pp.859-860, 札幌市,2018-9.
  • 木戸隆之祐,肥後陽介,高村福志:ボロノイ分割を利用した不飽和砂の間隙体積と飽和度の定量化,第53回地盤工学研究発表会,No.360, pp.719-720, 高松市,2018-7.
  • 肥後陽介,高村福志,木戸隆之祐:メニスカス水の曲率変化に基づく水分特性曲線のヒステリシスの解釈,第53回地盤工学研究発表会,No.361, pp.721-722, 高松市,2018-7.
  • 木元小百合,宇都宮悠,木戸隆之祐,赤木俊文:地下水位と細粒分流出に着目した下水管損傷部周辺地盤の内部浸食に関する模型実験,第53回地盤工学研究発表会,No.480, pp.957-958, 高松市,2018-7.
  • 木村鴻志,澤村康生,木戸隆之祐,木村 亮:mX線CTを用いた種々の等方応力条件下における補強材引抜き挙動の可視化,第53回地盤工学研究発表会,No.830, pp.1657-1658, 高松市,2018-7.
  • 福島 陽,木戸隆之祐,肥後陽介:排水条件の異なる不飽和砂三軸圧縮試験における間隙水の微視的挙動に関する研究,第53回地盤工学研究発表会,No.868, pp.1733-1734, 高松市,2018-7.
  • 福島 陽,木戸隆之祐,肥後陽介:異なる排水条件の不飽和砂三軸圧縮試験における間隙水の微視的挙動に関する研究,平成30年度土木学会関西支部年次学術講演会,III-17, 神戸市,2018-6.
  • 木戸隆之祐,肥後陽介:不飽和砂のせん断帯発達過程における土粒子接触頻度とメニスカス水の分布の変化,第72回土木学会年次学術講演会,III-005, pp.9-10, 福岡市,2017-9.
  • 木戸隆之祐,肥後陽介,高村福志:三軸圧縮条件下の不飽和砂内部における局所的な間隙水の曲率特性,第52回地盤工学研究発表会,No.302, pp.601-602, 名古屋市,2017-7.【優秀論文発表者賞受賞】
  • 木戸隆之祐,肥後陽介:画像相関法を用いた異なる湿潤状態にある砂のせん断変形挙動に関する研究,日本材料学会第66期学術講演会,No.632, pp.359-360, 名古屋市,2017-5.【優秀論文発表者賞受賞】
  • 木戸隆之祐:X線CTによる地盤材料の内部構造変化に関する微視的研究,日本材料学会関西支部第11回若手シンポジウム,大津市,2016-12. <ポスター発表>
  • 木戸隆之祐,肥後陽介:不飽和砂のひずみの局所化領域における間隙水分布と軸差応力変化の関係,第71回土木学会全国大会年次学術講演会,III-208, pp.415-416, 仙台市,2016-9.
  • 木戸隆之祐,肥後陽介:不飽和砂のせん断帯形成領域における局所的な間隙水分布の変化,第51回地盤工学研究発表会,No.174, pp.347-348, 岡山市,2016-9.
  • 高村福志,木戸隆之祐,肥後陽介:マイクロX線CTを用いた砂の水分保持特性のヒステリシスと密度依存性に関する研究,第51回地盤工学研究発表会,No.176, pp.351-352, 岡山市,2016-9.
  • 高村福志,木戸隆之祐,肥後陽介:mX線CTを用いた不飽和砂のヒステリシスのメカニズムに関する研究,平成28年度土木学会関西支部年次学術講演会,III-7, 草津市,2016-6.
  • 木戸隆之祐,肥後陽介:排水及び吸水過程における不飽和砂の局所的飽和度の分布,第70回土木学会全国大会年次学術講演会,III-192, pp.383-384, 岡山市,2015-9.
  • 久泉友二,木戸隆之祐,肥後陽介:不飽和豊浦砂のせん断帯内部における微視的な間隙水分布変化の観察,第70回土木学会全国大会年次学術講演会,III-176, pp.351-352, 岡山市,2015-9.
  • 木戸隆之祐,肥後陽介:不飽和砂の排水および湿潤過程における間隙水の連続性の評価,第50回地盤工学研究発表会,No.853, pp.1705-1706, 札幌市,2015-9.【優秀論文発表者賞受賞】
  • 高津裕斗,肥後陽介,澤田茉伊,木戸隆之祐,南野佑貴,田中麻穂:マイクロX線CTを用いた排水・吸水過程による砂の不飽和化実験,第50回地盤工学研究発表会,No.352, pp.703-704, 札幌市,2015-9.
  • 肥後陽介,木戸隆之祐,高津裕斗,林幹朗,山内崇寛,田中麻穂:マイクロX線CTを用いた排水・吸水過程による砂の間隙空気封入メカニズムに関する研究,第50回地盤工学研究発表会,No.353, pp.705-706, 札幌市,2015-9.
  • 木戸隆之祐,肥後陽介,森下諒一,合谷龍馬:mX線CTによる不飽和三軸供試体の初期飽和度・間隙比分布に関する研究,第49回地盤工学研究発表会,No.360, pp.719-720, 北九州市,2014-7.
  • 木戸隆之祐,肥後陽介,森下諒一,合谷龍馬:mX線CTによる不飽和三軸供試体内部の飽和度・間隙比分布に関する研究,平成26年度土木学会関西支部年次学術講演会,III-2, 大阪,2014-5.

学会活動,社会貢献

2016年6月~2017年5月
地盤工学会 地盤工学会誌 学生編集委員

土木学会誌(学生編集委員時に執筆)

  • 木戸隆之祐:川崎地質における大深度の空洞探査に関する技術開発,地盤工学会誌2017年7月号,Vol.65, No.7, Ser.No.714, pp.34-35, 2017.

京都大学 木村研

京都大学 大学院工学研究科
社会基盤工学専攻 地盤力学分野(木村研)

〒615-8540
京都市西京区京都大学桂 Cクラスター4棟

 582号室(木村教授室)
 581号室(木元准教授室)
 583号室(木戸助教・柴戸秘書室)
 587号室(学生部屋)

 TEL :075-383-3193
 FAX :075-383-3193