本文へスキップ

京都大学 大学院工学研究科 社会基盤工学専攻

地盤力学講座 地盤力学分野 木村研究室

メンバーMEMBERS

教員 Staff

Prof. Kimura

教授 (Professor):木村 亮 (Makoto KIMURA)

主な研究テーマ
構造物基礎の力学挙動,トンネルの力学挙動,
補強土壁やアーチカルバートの力学挙動,
新工法・新技術開発,国際技術協力
主な担当授業
(学部)土質力学U及び演習
(学部)地盤環境工学
(大学院)ジオフロント工学原論
(大学院)ジオコンストラクション
E-mail
kimura.makoto.8r@kyoto-u.ac.jp
略歴・研究業績 
雑誌や新聞記事に見る木村教授の活動
Prof. Kimoto

准教授 (Associate Professor):木元 小百合 (Sayuri KIMOTO)

主な研究テーマ
地盤の大変形・破壊の実験とシミュレーション,
高性能液状化解析法,ガスハイドレート含有地盤
主な担当授業
(全学)地盤の科学入門
(学部)土質実験及び演習
(学部)土質力学I及び演習
(大学院)地盤力学
(大学院)計算地盤工学
E-mail
kimoto.sayuri.6u@kyoto-u.ac.jp
略歴・研究業績
Dr. Sawamura

助教 (Assistant Professor):澤村 康生 (Yasuo SAWAMURA)

主な研究テーマ
カルバートの耐震性評価,補強土壁工法の開発
担当授業
(全学)情報基礎演習
(学部)土質実験及び演習
E-mail
sawamura.yasuo.6c@kyoto-u.ac.jp
略歴・研究業績

秘書 Office administrator

○○○○○○○○イメージ

秘書 (Office administrator):山本 佳子 (Keiko YAMAMOTO)

皆さんと一緒に研究室を楽しく充実したものにしていきたいです.

E-mail: yamamoto.keiko.6m@kyoto-u.ac.jp


学生 Student

博士課程 (Doctoral course)
八ツ元 仁

D3 八ツ元 仁 (Hitoshi YATSUMOTO) [阪神高速道路株式会社]

研究テーマ:矩形地中構造物(ボックスカルバート)の耐震設計手法の確立に関する研究

矩形地中構造物(ボックスカルバート)の地震時挙動を明確し,合理的な耐震設計を行うための研究を行っています.地震時における躯体の限界状態と躯体に作用する地震時外力の明確化を目的に,実験と解析に両方からアプローチしております.最終的には合理的な耐震設計手法の確立を行い,実務面でも役立てられるような研究を行っていくつもりです.


白神 新一郎

D2 白神 新一郎 (Shinichiro SHIRAGA) [錦城護謨株式会社]

研究テーマ:真空圧密工法を適用した地盤の力学挙動に関する研究

真空圧密工法を適用した地盤を遠心模型実験で再現し,力学挙動を把握する研究を行っています.特に真空載荷と盛土載荷を併用した地盤の間隙水圧に着目し,この挙動を明らかにすることで工法の合理的な設計手法を確立したいと考えております.


木戸 隆之祐

D2 木戸 隆之祐 (Ryuunosuke KIDO)

研究テーマ:不飽和土のミクロ構造変化の解明とマクロな強度評価方法の確立

土粒子・水・空気の多相混合体である不飽和土を対象に,?フォーカスX線CTによる可視化および画像解析によって,破壊メカニズムや三相間の微視的な相互作用の解明を試みています.持ち前の忍耐力を活かし,より良い成果を出せるよう努力します.


宮ア 祐輔

D2 宮ア 祐輔 (Yusuke MIYAZAKI)

研究テーマ:ヒンジ式プレキャストアーチカルバートを含む盛土における縦断方向の動的相互作用の解明

ヒンジ式プレキャストアーチカルバートを含む盛土の動的相互作用を解明し,同構造物の地震時要求性能の明確化と耐震性評価手法の確立を目標に研究しています.今年度は,土−構造物間の動的な相互作用という課題に,解析的なアプローチで果敢に挑戦していきます.


修士課程 (Master's course)
宇都宮 悠

M2 宇都宮 悠 (Yu UTSUNOMIYA)

研究テーマ:下水管損傷部周辺地盤の内部浸食および空洞化に関する実験的研究

最終学年として研究室を先導していけるように,また卒業後一人前の社会人としてやっていけるように,何事にも全力で取り組み,笑顔で大学生活を終えられるよう頑張ります.


柴田 尚紀

M2 柴田 尚紀 (Takanori SHIBATA)

研究テーマ:補強土壁の地震時挙動に関する実験的研究

修士課程最後の年となりました.今年はこれまで以上に,積極的に未経験のことに取り組みたいです.人間的にもさらに成長し,胸を張って,社会人になれるように頑張りたいです.


辻野 海人

M2 辻野 海人 (Kaito TSUJINO)

研究テーマ:補強土壁の地震時挙動に関する実験的研究

残された学生生活も後1年となりました.1日1日を無駄にせず,日々成長できるよう努力していきたいです.


長谷川 元輝

M2 長谷川 元輝 (Genki HASEGAWA) 

研究テーマ:真空圧密工法を適用した軟弱地盤における盛土載荷時の力学挙動に関する研究

真空圧密工法を適用した地盤の力学挙動に関して研究しています.残り1年という短い時間を悔いのないように全力で過ごしていきたいと思います.そして,卒業後は胸を張って社会に出ていきたいです.


Benjamin LEWIS

M2 Benjamin LEWIS

Theme:Seismic reinforcement of double-span stone arch bridge devastated by the 2011 Great East Japan Earthquake

Going into my last year at Kyoto University, I am looking forward to consolidating my research into a finished product. I hope to learn as much as I can in this last year, while also seeing as much of Japan as possible!


Bonggab KIM

M2 Bonggab KIM

Theme:Mechanical behavior of group pile foundation constructed in improved ground

Hi. This is Bonggab Kim from South Korea. I am studying about three dimensional FEM analysis of pile group in the dynamic test. I wish I can achieve good progress on it in this year!


Chen Li

M2 Chen Li

Theme:Liquefaction Analysis of River Embankment

Last year, I completed the numerical simulation of river embankment during Tohoku earthquake by FEM program COMVIDY-2D. Soil liquefaction within the embankment occurred during earthquake. I would continue the analysis by simulating consolidation after the earthquake. I would also study and add additional constitutive model in COMVIDY-2D.


木村 鴻志

M1 木村 鴻志 (Koshi KIMURA)

研究テーマ:μX線CTを用いた補強材引抜き抵抗力発現機構の解明

大学院生としての自覚を持ち,これまで以上に様々なことに全力で取り組んでいきたいと思います.


草場 翔馬

M1 草場 翔馬 (Shoma KUSABA)

研究テーマ:鋼管矢板基礎の水平抵抗特性に関する研究

修士課程では,真摯な姿勢で研究に取り組むことを志し,また何事にも躊躇せずに挑戦したいと考えています.


田窪 尭

M1 田窪 尭 (Gyou TAKUBO)

研究テーマ:CO2ハイドレート含有砂試料のクリープ挙動による影響の検討とそのモデル化

修士の2年間,何事にも全力で取り組みたいと思います.学力面だけでなく,人間的にも成長できるよう頑張ります.よろしくお願いします.


Budi Luhur Darmanto

M1 Budi Luhur Darmanto

研究テーマ:未定

My name is Budi from Indonesia. I am so honored to be able to join Prof. Kimura's Lab under MEXT Scholarship. I will do my best to improve myself and contribute to the lab and Indonesia-Japan cooperation.


Tanawat

M1 Tanawat Tangjarusritaratorn

Theme:Study on the mechanical stability of the deep vertical shaft during excavation process

My name is Tanawat but “boy” is my nickname. I come from Thailand. Now, I am first year of master course. Basketball is my favorite sport. Since I have been here almost 7 months in this lab, I am very happy to be here.


Agendia

M1 Teshounkong Agendia

研究テーマ:未定

Hi, am called Teshounkong Agendia from Cameroon and studying as a JICA ABE Initiative Scholar. I am happy and previllaged to meet other international and Japanese students who are very welcoming. My goal is to improve my understanding in Geomechnics and make good research contributions to Kimura laboratory, Kyoto University and Japan-Cameroon relations.


Christian

M1 SAWADOGO Christian

研究テーマ:未定

I am from Burkina-Faso ( West Africa ), my nick name is Chris. I am so proud to study in a such dynamic lab. I have to work hard to deeply understand soil science, and the current trend in geotechnical engineering. The kindness and the great advices that I receive from sensei and my senpai, makes the lab an enjoyable environment for studies.


学部 (Undergraduate)
稲上 慶太

B4 稲上 慶太 (Keita INAGAMI)

研究テーマ:未定

研究室生活で新しい知識や技術,様々なことを学びたいと思います.挑戦と努力を惜しまず,広い視野で物事を捉えられるように頑張ります.これからどうぞ宜しくお願いします.


木田 翔平

B4 木田 翔平 (Shohei KIDA)

研究テーマ:未定

4回生となり、3回生までの大学生活と大きく変わって改めて新鮮な気持ちで研究に取り組み始められることに期待と不安が入り交じっています.これから研究の中で自分を成長させ、将来進みたい道を模索していきたいと思っております.若輩者ではありますが、何卒よろしくお願いします.


小西 魁

B4 小西 魁 (Kai KONISHI)

研究テーマ:未定

今後の研究室生活にとても期待しています.学部1〜3回生で得た知識を基礎として、自分に妥協することなく,今後の研究に取り組みたいと思っています.宜しくお願いします.


吉本 将基

B4: 吉本 将基 (Masaki YOSHIMOTO)

研究テーマ:未定

この春新しく木村研に入らせていただいた吉本です.趣味はロードバイクに乗ることです.研究室では一番好きな言葉である「一生懸命」をモットーに研究は勿論、様々なことに情熱的に取り組んでいきたいと思います.よろしくお願いします.


京都大学 木村研

京都大学 大学院工学研究科
社会基盤工学専攻 地盤力学分野(木村研)

〒615-8540
京都市西京区京都大学桂 Cクラスター4棟

 582号室(木村教授室)
 581号室(木元准教授室)
 583号室(澤村助教・山本秘書室)
 587号室(学生部屋)

 TEL :075-383-3193
 FAX :075-383-3193