本文へスキップ

京都大学 大学院工学研究科 社会基盤工学専攻

地盤力学講座 地盤力学分野 木村研究室

澤村康生Yasuo SAWAMURA

Dr. Sawamura

助教 (Assistant Professor):澤村 康生 (Yasuo SAWAMURA)

主な研究テーマ
カルバートの耐震性評価,補強土壁工法の開発
担当授業
(全学)情報基礎演習
(学部)土質実験及び演習
TEL / FAX
075-383-3193 / 075-383-3193
E-mail
sawamura.yasuo.6c@kyoto-u.ac.jp

学歴

2004年3月
滋賀県立 膳所高等学校 卒業
2009年3月
京都大学 工学部 地球工学科 卒業
2011年3月
京都大学大学院 工学研究科 都市環境工学専攻 修士課程 修了
2014年3月
京都大学大学院 工学研究科 社会基盤工学専攻 博士後期課程 修了

職歴

2012年4月~2014年3月
日本学術振興会 特別研究員DC-2(工学)
研究課題:カルバートを含む盛土構造の耐震性の把握と設計法の構築に関する研究
2014年4月~現在
京都大学大学院 工学研究科 助教

受賞歴

2010年11月
Prize for excellent lecture in 23rd KKCNN Symposium
2012年 7月
平成24年度 近畿地方整備局研究発表会 優秀賞(調査・計画・設計部門)
2013年 2月
平成24年度 京都大学防災研究所研究発表講演会 研究発表講演会奨励賞
2014年 7月
地盤工学会 第49回地盤工学研究発表会 優秀論文発表者賞
2016年 9月
地盤工学会 第51回地盤工学研究発表会 優秀論文発表者賞

所属学会

土木学会(正会員),地盤工学会(国際会員),日本地震工学会(正会員)


研究業績 (2017.9.15 更新)

論文(学術雑誌)
  • 澤村康生,松下麗菜,岸田 潔,木村 亮:2ヒンジ式プレキャストアーチカルバートの盛土施工過程における変形挙動と地震時の損傷形態に関する強震応答実験,地盤工学ジャーナル,(in press).
  • 北村明洋,奥西一裕,久保田篤之,寺本俊太郎,澤村康生,木村 亮:円筒金網とチェーンを用いた災害復旧工法の開発,地盤工学ジャーナル,(in press).
  • Sawamura, Y., Matsushita, R., Kishida, K. and Kimura, M.: Relationship between deformation and earth pressure of two-hinge precast arch culvert in construction process through model experiment, Japanese Geotechnical Society Special Publication, Vol.5, No.2, pp.38-43, 2017. http://doi.org/10.3208/jgssp.v05.010
  • Miyazaki, Y., Sawamura, Y., Kishida, K. and Kimura, M.: Evaluation of dynamic behavior of embankment with precast arch culvertsconsidering connecting condition of culverts in culvert longitudinal direction, Japanese Geotechnical Society Special Publication, Vol.5, No.2, pp.95-100, 2017. http://doi.org/10.3208/jgssp.v05.020
  • 澤村康生,石原央之,岸田 潔,木村 亮:強震応答実験と数値解析に基づく3ヒンジアーチカルバートの耐震設計法に関する考察,土木学会論文集C(地圏工学),Vol.73, No.1, pp.1-10, 2017. http://doi.org/10.2208/jscejge.73.1
  • 磯部公一,澤村康生,杉山裕樹,篠原聖二,曽我恭匡,小林 寛,木村 亮:振動台模型実験による杭基礎一体型鋼管集成橋脚の耐震性能評価,土木学会論文集C(地圏工学),Vol.72, No.4, pp.327-338, 2016. http://doi.org/10.2208/jscejge.72.327
  • Sawamura, Y., Ishihara, H., Kishida, K., and Kimura, M.: Mechanical behavior of three-hinge precast arch culvert in construction process through model experiment, Japanese Geotechnical Society Special Publication, Vol.4, No.6, pp.128-131, 2016. http://doi.org/10.3208/jgssp.v04.j25
  • Sawamura, Y., Ishihara, H., Kishida, K., and Kimura, M.: Experimental Study on Damage Morphology and Critical State of Three-hinge Precast Arch Culvert through Shaking Table Tests, Procedia Engineering, Advances in Transportation Geotechnics III , Vol.143, pp.522-529, 2016. http://dx.doi.org/10.1016/j.proeng.2016.06.066
  • 澤村康生,石原央之,岸田 潔,木村 亮:強震応答実験による3ヒンジプレキャストアーチカルバートの損傷形態の把握,土木学会論文集C, Vol.72, No.2, pp.62-73, 2016. http://doi.org/10.2208/jscejge.72.62
  • 宮﨑祐輔,澤村康生,岸田 潔,木村 亮:盛土内に設置されたプレキャストアーチカルバートの地震によるカルバート縦断方向の被災メカニズムの解明,高速道路と自動車,Vol. 59, No. 2, pp.21-29, 2016.
  • Sawamura, Y., Kishida, K., and Kimura, M.: Experimental study on seismic resistance of a two-hinge precast arch culvert using strong earthquake response simulator, Japanese Geotechnical Society Special Publication,Vol.2, No.48, pp.1684-1687, 2015. http://doi.org/10.3208/jgssp.JPN-103
  • Ishihara, H., Sawamura, Y. and Kishida, K.: Numerical study on mechanism of dynamic earth pressure on adjacent structures, Japanese Geotechnical Society Special Publication, Vo.2, No.40, pp.1433-1436, 2015. http://doi.org/10.3208/jgssp.JPN-112
  • Sawamura, Y., Kishida, K. and Kimura, M.: Centrifuge Model Test and FEM Analysis of Dynamic Interactive Behavior between Embankments and Installed Culverts in Multiarch Culvert Embankments, International Journal of Geomechanics, ASCE, Vol.15, Issue 3, 2015. http://dx.doi.org/10.1061/(ASCE)GM.1943-5622.0000361
  • 宮﨑祐輔,澤村康生,岸田 潔,木村 亮:2ヒンジプレキャストアーチカルバートを含む盛土におけるカルバートの連結様式を考慮した縦断方向の動的挙動の評価,地盤工学ジャーナル,Vol.10, No. 4, pp.517-529, 2015. http://doi.org/10.3208/jgs.10.517
  • Isobe, K., Sugiyama, H., Shinohara, M., Kobayashi, H., Sawamura, Y., Mitsuyoshi, Y. and Kimura, M.: Shaking table test and numerical simulation on seismic performance of a bridge column integrated by multiple steel pipes with directly-connected piles, Japanese Geotechnical Society Special Publication, Vol.1, No.6, pp.35-40, 2015. http://doi.org/10.3208/jgssp.JPN-14
  • 澤村康生,荒居旅人,岸田 潔,木村 亮:壁面工を有する盛土内に設置されたアーチカルバートにおける縦断方向の地震時挙動に関する遠心模型実験,地盤工学ジャーナル,Vol.9(1),pp. 41-57, 2014. http://dx.doi.org/10.3208/jgs.9.41
  • 岸田 潔,立田安礼,澤村康生,木村 亮:軟弱地盤上に設置する多ユニットアーチカルバートの挙動と地盤改良効果に関する検討,土木学会論文集C, Vol.69, No.1, pp.20-30, 2013. http://doi.org/10.2208/jscejge.69.20
  • 澤村康生,岸田 潔,木村 亮,小高 武:多ユニットアーチカルバート盛土の動的挙動に関する遠心模型実験,地盤工学ジャーナル,Vol.6, No.2, pp.201-212, 2011. http://doi.org/10.3208/jgs.6.201

国際会議 Proceedings(査読有)
  • Sawamura, Y., Haito, S., Kitamura, A. and Kimura, M.: Comparison of Seismic Performance of Reinforced Chain Wall with Gravity Retaining Wall through Centrifugal Model Tests, Proc. of the 2nd Asian Conference on Physical Modelling in Geotechnics (ASIAFUGE 2016), pp.196-201, Shanghai, China, 2016-12.
  • Miyazaki, Y., Sawamura, Y., Kishida, K. and Kimura, M.: Dynamic Centrifuge Model Tests on the Stress State of the Culverts Due to Patterns of Embankment Shape, Proc. of the 2nd Asian Conference on Physical Modelling in Geotechnics (ASIAFUGE 2016), pp.208-213, Shanghai, China, 2016-12.
  • Sawamura, Y., Ishihara, H., Kishida, K., and Kimura, M.: Evaluation of Damage Morphology in Three-Hinge Precast Arch Culvert Based on Shaking Table Tests and Numerical Analyses, Proc. of the 8th Young Geotechnical Engineering Conference, pp.221-226, Astana, Kazakhstan, 2016-8.
  • Sawamura, Y., Kishida, K. and Kimura, M.: Evaluation of Dynamic behavior of culverts and embankments through centrifuge model tests and a numerical analysis, Proc. of the 14th International Conference of the International Association for Computer Methods and Recent Advances in Geomechanics, pp.743-748, Kyoto, 2014-9.
  • Sawamura, Y., Kishida, K. and Kimura, M.: Dynamic Centrifuge Model Tests on Culvert Embankment with Perpendicular Wall in Culvert Longitudinal Direction, Proc. of the 8th International Conference on Physical Modelling in Geotechnics, pp.883-889, Perth, 2014-1.
  • Sawamura, Y., Kishida, K. and Kimura, M.: Dynamic behavior of multi-arch culverts embankment considering the installation interval of consecutive arch culverts, Proc. of the 18th International Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, pp.1591–1594, 2013-9.
  • Sawamura, Y., Kishida, K. and Kimura, M.: Numerical study on dynamic interaction between embankment and consecutive culverts, Proc. of the 2nd Int. Conf. on transportation Geotechnics, Sapporo, pp.454-459, 2012-9.
  • Sawamura, Y., Kishida, K. and Kimura, M.: Numerical approach on dynamic interactive behavior between embankment and installed multi-arch culverts, Proc. of the 13th Int. Conf. on Computer Methods and Advances in Geomechanics, Melbourne, pp.798-803, 2011-5.

国内シンポジウム Proceedings(査読有)
  • 澤村康生,石原央之,岸田 潔,木村 亮:強震応答実験装置を用いた3ヒンジプレキャストアーチカルバートの振動実験,第59回地盤工学シンポジウム論文集,pp.207-214, 2014-11.
  • 澤村康生,岸田 潔,木村 亮,小高 武:多ユニットアーチカルバート盛土の耐震安定性に関する動的遠心模型実験,第55回地盤工学シンポジウム論文集,pp.141-146, 2010-11.

国際会議 Proceedings(査読なし)
  • Sawamura, Y., Haito, S., Kitamura, A. and Kimura, M.: Centrifuge Model Test on Expression Mechanism of Pullout Resistance of Reinforced Chain Wall during Earthquake, Proc. of the 29th KKHTCNN Symposium on Civil Engineering, pp.227-230, Hong Kong, China, 2016-12.
  • Miyazaki, Y., Sawamura, Y., Kishida, K. and Kimura, M.: Seismic Performance in Culvert Longitudinal Direction of Precast Arch Culverts Installed in Embankments Considering Structural Connectivity, Proc. of the 29th KKHTCNN Symposium on Civil Engineering, pp.239-242, Hong Kong, China, 2016-12.
  • Qui, L., V., Boonyatee, T., Kido, R., Sawamura, Y. and Kimura, M.: A Revisit to the Interaction Factor of Group Piles Considering Reinforce Effect, Proc. of the 29th KKHTCNN Symposium on Civil Engineering, pp.243-246, Hong Kong, China, 2016-12.
  • Matsushita, R., Sawamura, Y., Kishida, K. and Kimura, M.: Experimental Work on Seismic Damage Progression of Two-Hinge Precast Arch Culvert Using Strong Earthquake Response Simulator, Proc. of the 29th KKHTCNN Symposium on Civil Engineering, pp.251-254, Hong Kong, China, 2016-12.
  • Mitsuyoshi, Y., Sawamura, Y., Yatsumoto, H. and Kimura, M.: Dynamic Centrifuge Model Tests on the Seismic Performance of Box Culverts Considering the Influence of the Cross-Sectional Shape and Overburden, Proc. of the 29th KKHTCNN Symposium on Civil Engineering, pp.255-258, Hong Kong, China, 2016-12.
  • Miyazaki, Y., 〇Sawamura, Y., Kishida, K. and Kimura, M.: Influence of earth cover at mouth part of culvert on the seismic behavior of precast arch culverts in culvert longitudinal direction, Proc. of the 28th KKHTCNN Symp. on Civil Engineering, KU-GTE-04, Bangkok, 2015-11.
  • Sawamura, Y., Ishihara, H., Kishida, K. and Kimura, M.: Seismic Assessment of Two-Hinge Precast Arch Culvert based on Shaking Table Test through Strong Earthquake Response Simulator, Proc. of the 27th KKHTCNN Symp. on Civil Engineering, S-8-1, Shanghai, 2014-11.
  • Ishihara, H., Sawamura, Y., Kishida, K. and Kimura, M.: Numerical Study on Dynamic Earth Pressure on Adjacent Structures, Proc. of the 27th KKHTCNN Symp. on Civil Engineering, G-2-6, Shanghai, 2014-11.
  • Sawamura, Y., Kishida, K. and Kimura, M.: Numerical Study on Seismic Performance of Multi-arch Culverts Embankment in Large Earthquake, Proc. of the 26th KKHTCNN Symp. on Civil Engineering, G-4-7, Singapore, 2013-11.
  • Namikawa, T., Sawamura, Y., Kishida, K. and Kimura, M.: Dynamic Centrifuge Model Tests on Culverts and Embankment with the Influence of Perpendicular Walls, Proc. of the 26th KKHTCNN Symp. on Civil Engineering, G-4-2, Singapore, 2013-11.
  • Nakai, H., Sawamura, Y., Kitamura, A. and Kimura, M.: Influence of Content Rate of Fine-grain Fraction of Fill on Pullout Resistance of Steel Chains, Proc. of the 26th KKHTCNN Symp. on Civil Engineering, G-3-1, Singapore, 2013-11.
  • Sawamura, Y., Kishida, K. and Kimura, M.: Dynamic Centrifuge Model Test on Earthquake Performance of Culvert Longitudinal Direction, Proc. of the 25th KKCNN Symp. on Civil Engineering, pp.359-362, Busan, Korea, 2012-10.
  • Sawamura, Y., Kishida, K. and Kimura, M. “Seismic analysis on multi-arch culverts embankment considering the installation interval of consecutive arch culverts,” Proc. of the 6th International workshop on new frontiers in computational geotechnics (NFCOMGEO-VI) IWS-TAKAYAMA, pp.123-128, 2012-5.
  • Arai, T., Sawamura, Y., Kishida, K. and Kimura, M.: Behavior of Culvert embankment in Dynamic centrifuge model test, Proc. of the 24th KKCNN Symp. on Civil Engineering, pp.353-356, Hyogo, Japan, 2011-12.
  • Sawamura, Y., Kishida, K. and Kimura, M.: Numerical study on dynamic interaction between consecutive culverts and filling in multi-arch culverts embankment, Proc. of the 24th KKCNN Symp. on Civil Engineering, pp.435-438, Hyogo, Japan, 2011-12.
  • Sawamura, Y., Kishida, K. and Kimura, M. “Dynamic centrifuge model test of Multi-arch culverts embankment,” Proc. of the 23rd KKCNN Symp. on Civil Engineering, Taipei, Taiwan, pp.391-394, 2010-11. 【Prize for excellent lecture】

国内口頭発表(査読なし)
  • 澤村康生,矢野隆夫,相原恵一,高橋禎夫,木村 亮:セルロースを主成分とする高吸水性微細粉体の地盤改良効果,第72 回土木学会年次学術講演会,III-067, pp.133-134, 福岡市,2017-9.
  • 宮﨑祐輔,澤村康生,岸田 潔,木村 亮:偏土圧の影響に着目した3 ヒンジ式アーチカルバートの横断方向の地震時挙動,第72 回土木学会年次学術講演会,III-377, pp.753-754, 福岡市,2017-9.
  • 柴田尚紀,澤村康生,木村 亮:帯鋼補強土壁の補強材敷設領域が内的安定に与える影響に関する動的遠心模型実験,第72 回土木学会年次学術講演会,III-451, pp.901-902, 福岡市,2017-9.
  • 木村鴻志,澤村康生,木戸隆之祐,木村 亮:mX線CTを用いた補強材引抜き時のせん断ひずみ分布の可視化,第72 回土木学会年次学術講演会,III-456, pp.911-912, 福岡市,2017-9.
  • 草場翔馬,澤村康生,宮﨑祐輔,木村 亮,西原知彦,篠原聖二,安藤高士,服部匡洋:継手部の形状を模擬した鋼管矢板基礎の水平抵抗特性-その1 継手模型の各種力学試験,第72 回土木学会年次学術講演会,III-525, pp.1049-1050, 福岡市,2017-9.
  • 草場翔馬,澤村康生,宮﨑祐輔,木村 亮,西原知彦,篠原聖二,安藤高士,服部匡洋:継手部の形状を模擬した鋼管矢板基礎の水平抵抗特性-その2 遠心模型実験,第72 回土木学会年次学術講演会,III-526, pp.1051-1052, 福岡市,2017-9.
  • 磯部公一,西井 優,澤村康生,木村 亮,曽我恭匡,杉山裕樹,篠原聖二:三次元弾塑性有限要素解析による杭基礎一体型鋼管集成橋脚の耐震性能評価,第72 回土木学会年次学術講演会,III-532, pp.1053-1054, 福岡市,2017-9.
  • 八ツ元仁,光吉泰生,澤村康生,木村 亮:数値解析による道路ボックスカルバートの耐震性能評価に関する検討,第72 回土木学会年次学術講演会,I-505, pp.1009-1010, 福岡市,2017-9.
  • 曽我恭匡,杉山裕樹,篠原聖二,磯部公一,澤村康生,木村 亮:鋼管集成橋脚の地震時応答特性に関する解析的評価,第20回性能に基づく橋梁等の耐震設計に関するシンポジウム,pp.149-156, 東京,2017-7.
  • 長谷川元輝,白神新一郎,澤村康生,木村 亮:遠心力場における真空圧密工法と盛土載荷併用時の力学挙動に関する実験,第52 回地盤工学研究発表会,pp.761-762, 名古屋市,2017-7.
  • 光吉泰生,澤村康生,八ツ元 仁,木村 亮:断面形状と土被りに着目した道路ボックスカルバートの耐震性能評価,第52 回地盤工学研究発表会,pp.1063-1064, 名古屋市,2017-7.
  • 宮﨑祐輔,澤村康生,岸田 潔,木村 亮:偏土圧の影響を受けるアーチカルバートの縦断方向の地震時挙動に関する遠心模型実験,第52 回地盤工学研究発表会,pp.1075-1076, 名古屋市,2017-7.
  • Ben M LEWIS, Bonngab KIM, 澤村康生,藤江雄大,橋立健司:拡底杭の引抜特性に関する遠心載荷試験―その 3:FEM による再現解析,第52 回地盤工学研究発表会,pp.1181-1182, 名古屋市,2017-7.
  • 西井 優,磯部公一,木村 亮,澤村康生,杉山裕樹,曽我恭匡,篠原聖二:数値解析による杭基礎一体型鋼管集成橋脚構造の耐震性能評価,第52 回地盤工学研究発表会,pp.1291-1292, 名古屋市,2017-7.
  • 澤村康生,矢野隆夫,相原恵一,西浦正幸,木村 亮:高含水泥土を即時に低流動化するセルロース微細粉体の吸水特性,日本材料学会第66期学術講演会,No.710, pp.363-364, 名古屋市,2017-5.
  • 草場翔馬,澤村康生,宮﨑祐輔,木村 亮:継手部の形状を模擬した鋼管矢板基礎に対する水平載荷試験,平成29年度土木学会関西支部年次学術講演会,III-16, 大阪市,2017-5.
  • 木村鴻志,澤村康生,木戸隆之祐,木村 亮:mX線CTを用いた補強材引抜き抵抗力と地盤内部構造変化の関係,平成29年度土木学会関西支部年次学術講演会,III-18, 大阪市,2017-5.
  • 西井 優,磯部公一,澤村康生,木村 亮,杉山裕樹,篠原聖二,曽我恭匡:杭基礎一体型鋼管集成橋脚構造の周波数特性に関する数値解析的検討,地盤工学会北海道支部技術報告集,第57 号,pp.231-240, 2017.2.
  • 宮﨑祐輔,澤村康生,岸田 潔,木村 亮:斜角のつくヒンジ式アーチカルバートの地震時挙動に関する遠心模型実験,第51 回地盤工学研究発表会,pp.1151-1152, 岡山市,2016-9.
  • 平田 望,澤村康生,西村祐人,後藤宏樹,永野雄志,鵜ノ澤伸成,木村 亮:東日本大震災で被災した二連石造アーチ橋の中央橋脚部における耐震補強に関する検討,第51 回地盤工学研究発表会,pp.1341-1342, 岡山市,2016-9.
  • 松下麗菜,澤村康生,岸田 潔,木村 亮:動的・静的解析による2 ヒンジプレキャストアーチカルバートの損傷過程と破壊形態に関する検討,第51 回地盤工学研究発表会,pp.1491-1492, 岡山市,2016-9.
  • 澤村康生,灰藤晋輔,北村明洋,木村 亮:遠心模型実験に基づくチェーンを補強材とする補強土壁の耐震性に関する検討,第51 回地盤工学研究発表会,pp.1585-1586, 岡山市,2016-9. 【優秀論文発表者賞】
  • 平田 望,澤村康生,西村祐人,木村 亮:東北地方太平洋沖地震で被災した二連石造アーチ橋の補修方法に関する検討,第71 回土木学会年次学術講演会,III-039, pp.77-78, 仙台市,2016-9.
  • 長谷川元輝,白神新一郎,澤村康生,木村 亮:真空圧密された軟弱地盤における盛土施工時の圧密排水メカニズムに関する遠心模型実験,第71 回土木学会年次学術講演会,III-063, pp.125-126, 仙台市,2016-9.
  • 宮﨑祐輔,澤村康生,岸田 潔,木村 亮:不均一な上載荷重が作用するヒンジ式アーチカルバートの動的遠心模型実験,第71 回土木学会年次学術講演会,III-065, pp.129-130, 仙台市,2016-9.
  • 松下麗菜,澤村康生,岸田 潔,木村 亮:強震応答実験装置を用いた2ヒンジプレキャストアーチカルバートの振動実験と再現解析による損傷形態の検討,第71 回土木学会年次学術講演会,III-066, pp.131-132, 仙台市,2016-9.
  • 柴田尚紀,澤村康生,木村 亮:帯鋼補強土壁における壁面剛性が主働領域に与える影響に関する動的遠心模型実験,第71 回土木学会年次学術講演会,III-131, pp.261-262, 仙台市,2016-9.
  • 柴田尚紀,澤村康生,木村 亮:壁面剛性と補強材長が帯鋼補強土壁の安定性に与える影響に関する動的遠心模型実験,平成28年度土木学会関西支部年次学術講演会,III-3, 草津市,2016-6.
  • 長谷川元輝,白神新一郎,澤村康生,木村 亮:真空圧密工法を適用した地盤上での盛土施工を模擬した遠心模型実験,平成28年度土木学会関西支部年次学術講演会,III-5, 草津市,2016-6.
  • 赤塚大二郎,磯部公一,木村 亮,澤村康生,杉山裕樹,曽我恭匡,篠原聖二:大型振動台模型実験を用いた杭基礎一体型鋼管集成橋脚構造の地震時応答特性に関する考察,地盤工学会北海道支部技術報告集,第56号,pp.71-80, 札幌市,2016-1.
  • 磯部公一,赤塚大二郎,木村 亮,澤村康生,杉山裕樹,曽我恭匡,篠原聖二:杭基礎一体型鋼管集成橋脚構造の地震時応答特性に関する数値解析的検討,地盤工学会北海道支部技術報告集,第56号,pp.81-84, 札幌市,2016-1.
  • 澤村康生,石原央之,岸田 潔,木村 亮:動的および静的解析による3ヒンジアーチカルバートの損傷進展過程の検討,第70回土木学会学術講演会講演概要集,I-178, pp.355-356, 2015-9.
  • 曽我恭匡,杉山裕樹,篠原聖二,澤村康生,光吉泰生,木村 亮,磯部公一:大型振動台を用いた杭基礎一体型鋼管集成橋脚の耐震性能評価 (乾燥砂地盤),第70回土木学会学術講演会講演概要集,I-168, pp.335-336, 2015-9.
  • 澤村康生,光吉泰生,木村 亮,磯部公一,杉山裕樹,篠原聖二,小林 寛:大型振動台を用いた杭基礎一体型鋼管集成橋脚の耐震性能評価 (液状化地盤),第70回土木学会学術講演会講演概要集,I-169, pp.337-338, 2015-9.
  • 磯部公一,杉山裕樹,篠原聖二,小林 寛,木村 亮,澤村康生,光吉泰生:大型振動台を用いた杭基礎一体型鋼管集成橋脚の耐震性能評価 (再現解析),第70回土木学会学術講演会講演概要集,I-170, pp.339-340, 2015-9.
  • 松下麗菜,澤村康生,岸田 潔,木村 亮:2ヒンジプレキャストアーチカルバートの強地震時における損傷形態に関する振動実験,第70回土木学会学術講演会講演概要集,III-132, pp.263-264, 2015-9.
  • 宮﨑祐輔,澤村康生,岸田 潔,木村 亮:カルバート盛土坑口部におけるカルバート縦断方向の地震時挙動に関する遠心模型実験,第70回土木学会学術講演会講演概要集,III-141, pp.281-282, 2015-9.
  • 灰藤晋輔,澤村康生,北村明洋,木村 亮:チェーンを補強材に用いた補強土壁の耐震性に関する動的遠心模型実験,第69 回土木学会学術講演会講演概要集,III-354, pp.707-708, 2015-9.
  • 澤村康生,石原央之,岸田 潔,木村 亮:強地震時における3ヒンジプレキャストアーチカルバートの損傷形態に関する実験的検討,第50回地盤工学研究発表会発表論文集,pp.1149-1150,札幌市,2015-9.
  • 宮﨑祐輔,澤村康生,岸田 潔,木村 亮:アーチカルバート縦断方向地震時挙動に及ぼす盛土形状の影響に関する遠心模型実験,第50回地盤工学研究発表会発表論文集,pp.1147-1148, 札幌市,2015-9.
  • 杉山裕樹,篠原聖二,小林 寛,木村 亮,澤村康生,光吉泰生,磯部公一:杭基礎一体型鋼管集成橋脚の耐震性能評価に関する大型振動台実験 その1 実験概要,第50回地盤工学研究発表会発表論文集, pp.1315-1316, 札幌市,2015-9.
  • 光吉泰生,澤村康生,木村 亮,磯部公一,杉山裕樹,篠原聖二,小林 寛:杭基礎一体型鋼管集成橋脚の耐震性能評価に関する大型振動台実験 その2 乾燥砂地盤,第50回地盤工学研究発表会発表論文集, pp.1317-1318, 札幌市,2015-9.
  • 磯部公一,木村 亮,澤村康生,光吉泰生,杉山裕樹,篠原聖二,小林 寛:杭基礎一体型鋼管集成橋脚の耐震性能評価に関する大型振動台実験 その3 液状化地盤,第50回地盤工学研究発表会発表論文集, pp.1319-1320, 札幌市,2015-9.
  • 光吉泰生,澤村康生,木村 亮,磯部 公一,杉山 裕樹:大型振動台を用いた杭基礎一体型鋼管集成橋脚の地震応答特性の評価,平成27年度土木学会関西支部年次学術講演会講演概要集,Ⅰ-11, 2015-5.
  • 松下麗菜,澤村康生,岸田 潔,木村 亮:2ヒンジプレキャストアーチカルバートの盛土施工過程における変形挙動,平成27年度土木学会関西支部年次学術講演会講演概要集,Ⅲ-27, 2015-5.
  • 澤村康生,並川卓矢,岸田 潔,木村 亮:2ヒンジプレキャストアーチカルバート強震応答実験に対する数値解析,第69回土木学会学術講演会講演概要集,Ⅲ-006, pp.11-12,2014-9.
  • 宮﨑祐輔,澤村康生,岸田 潔,木村 亮:プレキャストアーチカルバート盛土における縦断方向の地震時挙動に関する遠心模型実験,第69回土木学会学術講演会講演概要集,Ⅲ-005, pp.9-10, 2014-9.
  • 石原央之,澤村康生,岸田 潔,木村 亮:盛土施工過程における3ヒンジプレキャストアーチカルバートの変形挙動,第69回土木学会学術講演会講演概要集,Ⅲ-216, pp.431-432, 2014-9.
  • 仲井春日,北村明洋,澤村康生,木村 亮:チェーン補強材端末に取り付けられたL字型支圧板の引抜き特性に関する研究,第69回土木学会学術講演会講演概要集,Ⅲ-335, pp.669-670,2014-9.
  • 澤村康生,並川卓矢,岸田 潔,木村 亮:強震応答実験装置を用いた2ヒンジプレキャストアーチカルバートに対する振動実験,第49回地盤工学研究発表会発表論文集,地盤工学会,pp.1057-1058, 2014-7. 【優秀論文発表者賞】
  • 澤村康生,岸田 潔,八ツ元仁:壁面工を有する盛土内に設置されたカルバートにおける縦断方向の耐震性に関する基礎データの収集と地震時挙動の把握・地震時要求性能の明確化,第49回地盤工学研究発表会発表論文集,地盤工学会,特別セッション 平成25年度道路保全地盤技術向上に資する調査・研究成果報告会 資料,2014-7.
  • 仲井春日,澤村康生,北村明洋,木村 亮:盛土材の粒径がチェーン補強材の引抜き抵抗に及ぼす影響,第49回地盤工学研究発表会発表論文集,地盤工学会,pp.1327-1328, 2014-7.
  • 石原央之,澤村康生,岸田 潔,木村 亮:隣接する壁面に作用する動土圧発生メカニズムに関する数値解析的検討,第49回地盤工学研究発表会発表論文集,地盤工学会,pp.1433-1434, 2014-7.
  • 石原央之,澤村康生,岸田 潔,木村 亮:アーチカルバート壁面に作用する動土圧に関する実験的研究,第68回土木学会学術講演会講演概要集,III-338, pp.675-676, 2013-9.
  • 仲井春日,澤村康生,北村明洋,木村 亮:人工的に作製した細粒分含有率の異なる地盤材料を用いたチェーン補強材の引抜き実験,第68回土木学会学術講演会講演概要集,III-034, pp.67-68, 2013-9.
  • 並川卓矢,澤村康生,岸田 潔,木村 亮:カルバート縦断方向の地震時挙動と盛土高さの影響に関する実験的検討,第68回土木学会学術講演会講演概要集,I-001, pp.1-2, 2013-9.
  • 澤村康生,岸田 潔,八ツ元仁:壁面工を有する盛土内に設置されたカルバートにおける縦断方向の耐震性に関する基礎データの収集と地震時挙動の把握・地震時要求性能の明確化,第48 回地盤工学研究発表会発表論文集,地盤工学会,特別セッション 平成24年度道路保全地盤技術向上に資する調査・研究成果報告会 資料,2013-7.
  • 澤村康生,並川卓矢,岸田 潔,木村 亮:アーチカルバート盛土におけるカルバート縦断方向の地震時挙動に関する遠心模型実験(Centrifuge model test on the earthquake performance of culvert longitudinal direction in arch culvert embankment),平成24年度 京都大学防災研究所研究発表講演会,2013-2. 【研究発表講演会奨励賞】
  • 仲井春日,澤村康生,北村明洋,木村 亮:盛土材の細粒分含有率とチェーン補強材の引抜き抵抗に関する実験的研究,土木学会第67回年次学術講演会,pp.573-574, 名古屋市,2012-9.
  • 澤村康生,荒居旅人,岸田 潔,木村 亮:カルバート縦断方向の地震時挙動に関する遠心模型実験,土木学会第67回年次学術講演会,pp.379-380, 名古屋市,2012-9.
  • 澤村康生,岸田 潔:盛土内に設置されたカルバートの構造形式と地震時挙動に関する研究,平成24年度近畿地方整備局研究発表会,調査・計画・設計部門No.23, 大阪市,2012-7. 【優秀賞(調査・計画・設計部門)】
  • 澤村康生,岸田 潔,木村 亮:多ユニットアーチカルバート盛土のユニット間隔に関する動的遠心模型実験(Dynamic Centrifuge Model Test Considering Installation Interval of Multi-Arch Culverts Embankment),平成22年度 京都大学防災研究所研究発表講演会,2011-2.
  • 荒居旅人,澤村康生,岸田 潔,木村 亮:カルバートを含む盛土の地震時挙動に関する遠心模型実験,土木学会第66回年次学術講演会,pp.929-930, 松山市,2011-9.
  • 澤村康生,岸田 潔,木村 亮:連続プレキャストアーチカルバート盛土のユニット間隔と耐震性に関する数値解析,土木学会第66回年次学術講演会,pp.931-932, 松山市,2011-9.
  • 澤村康生,岸田 潔,木村 亮:連続プレキャストアーチカルバート盛土のユニット間隔に関する動的遠心模型実験と数値解析,第46回地盤工学会研究発表会講演集,pp.1111-1112, 神戸市,2011-7.
  • 澤村康生,木村 亮,岸田 潔,小高 武,大村 宏幸:連続プレキャストアーチカルバート盛土の耐震安定性に関する動的遠心模型実験,土木学会第65回年次学術講演会,pp.807-808,札幌市,2010-9.
  • 澤村康生,岸田 潔,木村 亮:連続プレキャストアーチカルバート盛土のユニット間隔に関する動的遠心模型実験,第45回地盤工学会研究発表会講演集,pp.1413-1414, 松山市,2010-8.
  • 澤村康生,崔 瑛,岸田 潔,木村 亮:連続アーチカルバート盛土における橋台とアーチカルバートの間隔に関する解析的検討,土木学会第64回年次学術講演会,pp.955-956, 福岡市,2009-9.

学会活動,社会貢献

2010年6月~2012年5月
土木学会 土木学会誌 学生編集委員
2015年6月~現在
地盤工学会 地盤工学会誌 講座委員会委員
2016年6月~現在
土木学会関西支部 支部創立90周年記念事業実行委員会委員
2017年6月~現在
地盤工学会 地盤工学ジャーナル 編集委員

土木学会誌(学生編集委員時に執筆)

  • 澤村康生,澁谷容子:学生が行く今月の土木日本一Vol.11 「日本一長い生活用つり橋-住民の生活を支え続けて60年-」, 土木学会誌, (社)土木学会, Vol.95, No.10, pp.30-31, 2010.
  • 澤村康生:あの街この町土木自慢 Vol.9 「よるバス‐夜の京都をもっと便利に‐」, 土木学会誌, (社)土木学会, Vol.95, No.12, p.49, 2010.
  • 澤村康生,澁谷容子:昔の記述でやってみました! Vol.1 「熊本の石工に迫る!」, 土木学会誌, (社)土木学会, Vol.96, No.1, pp.43-44, 2011.
  • 水野雄一,澤村康生,澁谷容子:昔の記述でやってみました! Vol.2 「どこまで橋は耐えられる!?」, 土木学会誌, (社)土木学会, Vol.96, No.2, pp.38-39, 2011.
  • 澤村康生:学生が行く今月の土木日本一【特別編】世界一高い自立式電波塔 -東京スカイツリーに世界を支える技術をみた!!- 「Part1 東京スカイツリー基礎部分」, 土木学会誌, (社)土木学会, Vol.96, No.12, pp.67-68, 2011.
  • 澤村康生,山崎廉予:昔の記述でやってみました! Vol.11 「屎尿経済の謎に迫る!」, 土木学会誌, (社)土木学会, Vol.97, No.1, pp.12-13, 2012.
  • 山崎廉予,澤村康生:昔の記述でやってみました! Vol.12 「肥溜め復活!」, 土木学会誌, (社)土木学会, Vol.97, No.2, pp.12-13, 2012.
  • 澤村康生(分筆担当):土木のお仕事, 土木学会誌, (社)土木学会, Vol.97, No.2, pp.69-73, 2012.
  • 澤村康生,篠崎真澄:すご腕技術者に学ぶ Vol.5 「橋梁設計のスペシャリスト編 松村 博」, 土木学会誌, (社)土木学会, Vol.97, No.2, pp.82-83, 2012.
  • 三室碧人,澤村康生:すご腕技術者に学ぶ Vol.6 「港湾構造物設計のスペシャリスト編 山本 修司」, 土木学会誌, (社)土木学会, Vol.97, No.4, pp.102-103, 2012.
  • 社会安全研究会(インタビュアー):元会長インタビュー 社会安全哲学の構築に向けて 近藤 徹(公益社団法人 日本河川協会参与), 土木学会誌, (社)土木学会, Vol.97, No.6, pp.114-117, 2012.
  • 篠崎真澄,澤村康生:すご腕技術者に学ぶ Vol.9 「地盤沈下予測のスペシャリスト編 小林 正樹」, 土木学会誌, (社)土木学会, Vol.97, No.7, pp.46-47, 2012.
  • 山崎廉予,澤村康生:CE学生委員会主催 六本木ヒルズ再開発に学ぶ“おもてなしの心”と“インフラマネージメント”土木×おもてなしの心 in 名古屋大学, 土木学会誌, (社)土木学会, Vol.97, No.7, pp.48-49, 2012.

京都大学 木村研

京都大学 大学院工学研究科
社会基盤工学専攻 地盤力学分野(木村研)

〒615-8540
京都市西京区京都大学桂 Cクラスター4棟

 582号室(木村教授室)
 581号室(木元准教授室)
 583号室(澤村助教・山本秘書室)
 587号室(学生部屋)

 TEL :075-383-3193
 FAX :075-383-3193